『外国人技能実習制度』の講師を務めました

2月2日(金)に大井町のきゅりあんで「城南エキスパート勉強会」が開催されました。

降雪にもかかわらず、約40名の方にご参加いただき、
当事務所とコネクト労務管理事務所代表の森戸式子先生と共同で『外国人技能実習制度』の講師を務めました。

 

まず森戸先生より、「外国人技能実習制度」の概要と「監理団体」(実習生の受入機関)の説明を行い、次に当事務所代表の苅谷より、現在監理団体の外部役員を兼業する立場から、士業としての関りについてお話しさせていただきました。

参加者からは「今まで聞いたことはあっても詳しいことは分からなかった」という声や「海外での面接~入国後の実習~帰国まで、実際の実習生の写真を交えた講義で解り易かった」など、うれしい声をいただきました。

 

外国人技能実習制度は、昨年の11月1日に「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」が施行され、メディアでも多く取り上げられたことで世間でも関心が高まっています。

 

まだまだ技能実習生を取り巻く課題はありますが、
実習生を送り出す国と日本、双方の経済発展と国際協力・国際貢献の一翼を担えることを願い、今後も意欲的に携わって行きたいと思います。

外国人技能実習制度について_20180202

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA